プロジェクト

熱帯果樹新品種の流通モデル開発
[スターフルーツなど:沖縄県]

chura_logo2

【プロジェクト概要】
沖縄県の果樹生産および種苗供給は生産過剰と不足を繰り返し、需要が高い際には不足となり、需要がなきまま生産が過剰になるといったミスマッチの状況が続いている。本プロジェクトは沖縄県が推奨する熱帯果樹の新品種のテストマーケティングを通じて、生産・流通モデルを構築する為に、戦略の策定を果たした。主な実施内容として①スターフルーツのテストマーケティングと生産・流通モデルの提言②パインアップル新品種のネーミング開発が行われ、今後の熱帯果樹の普及促進の礎を構築しました。
【実施内容】
  • フィールド調査
  • マーケティング調査
  • ネーミング開発
  • ネーミング選定に伴う一般消費者好感度調査
  • 戦略策定と提言
  • 販促ツール開発